講座検索・申込

注目の講座紹介

早稲田校110145

ユゴーとレ・ミゼラブルの世界

ジャンル:
文学の心
講師:
西永 良成 (東京外国語大学名誉教授)
日程:
4/9~6/18

『レ・ミゼラブル』のような大作は、セルバンテスの『ドンキホーテ』と同じように、長く複雑な構成になっているので、なんの準備もなく読み始めても、たいてい途中で挫折します。そこで、あらかじめ小説の全体像を心得たうえで、いわば再読(リリーディング)の形で読んでいくことが肝要なのです。 この講座では、この小説が「歴史小説」でもあることから、①時代背景、②作者の人生を説明し、③作品の執筆過程、④構成と特徴、⑤...

八丁堀キャンパス210423

デザインとは何か?〜暮らしを支える製品デザイン

ジャンル:
芸術の世界
講師:
中原 俊三郎(武蔵野美術大学教授)
日程:
5/9~6/20

今時の製品デザインは、同じスタイルや性格をしていて、個性や違いが見当たりません。また消費者も「多機能で値段は安い方がいい。もちろん使い勝手は大切だ」と似たような横並びのモノばかり気にしてきました。本講座では製品デザインをもっと違う文化の眼で眺め、私たちを取り巻くライフスタイルと照らし合わせてデザインを鑑賞する方法をお伝えします。

八丁堀キャンパス210707

近代スポーツの誕生

ジャンル:
現代社会と科学
講師:
石井 昌幸(早稲田大学教授)
日程:
4/13~6/22

サッカー、ラグビー、陸上競技など、現在私たちが「スポーツ」と呼んでいるものの多くが19世紀後半のイギリスで誕生した。本講義では、なぜそれがイギリスという場所で、なぜ19世紀後半という時代に生まれたのかを、17世紀以降のイギリス社会の変化と対応させながら考えていく。

中野キャンパス310212

明治国家と万国対峙

ジャンル:
日本の歴史と文化
講師:
勝田 政治(国士舘大学教授)
日程:
水曜日 4/25~6/13

本年(2018年)から150年前の1868年、江戸幕府を廃絶して生まれた明治国家は、何をめざしていたのか。明治政府が展開した政策の根底には、何があったのか、すなわち、明治国家の国是=国家方針=国家目標とは、何であったのか。そして、その国是によって、明治国家はどのように進んで行ったのか。具体的には、1870年代の近代日本の形成過程を、国是とした「万国対峙」に向けた取り組みの競合・相克として追究する。

中野キャンパス310423

世界遺産が語る建築文明史

ジャンル:
芸術の世界
講師:
白井 裕泰(ものつくり大学名誉教授)
日程:
金曜日 4/20~5/25

人類が築いた世界文明を歴史的にみると、民主主義・資本主義・科学主義によって形成された近代工業社会とそれ以前の古代農業社会の二つに分けることができます。古代は、現代文明につながる基礎を築いた古典古代とそれ以前(先古代)、以後(後古代)に分けられ、近代は、情報革命以前(近代)と以後(後近代)に分けることができます。今回は先古代四大文明の建築遺産について詳しく解説し、考察します。